キャビテーションする時の手の動かし方

キャビテーションはメスを使わずに脂肪を分解して痩せることが期待できるエステでの痩身施術です。
キャビテーションは切らない脂肪吸引とも言われており、メスを使わずに脂肪を無くすことができるため施術時の痛みや傷痕、施術後の身体への負担などが殆どない痩身の施術です。
キャビテーションは超音波で脂肪細胞を壊し、身体の外に排出しやすい状態にします。落としにくいセルライトも超音波によって水分を乳化させて身体の外に排出しやすい状態にすることが期待できるため、運動などでは落とせなかったセルライトにも効果的です。セルライトやむくみを改善することができるキャビテーションは代謝を向上させることも可能です。
キャビテーションは超音波を身体に当てて脂肪を乳化させて体外へ排出しやすい状態にします。実はそれだけでは痩せる効果は少なく、超音波を当てたらマッサージをして老廃物を体外へ排出することが必要です。エステなどではキャビテーションの施術にマッサージが含まれていることを確認することが必要で、自宅でキャビテーションを行なう際には、マッサージを忘れずに行なうことが大切です。効果的なマッサージはリンパマッサージやもみ出しなどで、その際に手の動かし方も大切です。リンパマッサージの手の動かし方の基本は、左鎖骨から始まって、足首、足のスネのくぼみ、膝の裏、太腿の順の手の動かし方が大切です。またお腹周りの手の動かし方は、脂肪を片方ずつ両手でつかんで、左右互い違いのマッサージを行ないます。お風呂の中でこれらを5分から10分程度行なうだけでも効果が期待できます。

Maguire / 2017年4月9日 / エステ
タグ: , ,